お客様に感動して頂く為に

2017/ 08/ 07
                 
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
                 
        

そうなんだ~理髪店

2017/ 06/ 13
                 
床屋消滅




三代でこの業を培って来た私は、四代目にこの状態で渡すわけには行かない。
何かしなければと思っていた矢先にこの記事を読んで現実を知る事ができた。


床屋消滅!?
個人経営の理髪店がなくなっている現実
男が美容院で髪を整える行為が全く珍しくなくなってしまった昨今、理容店から客が減るのは致し方ないかも知れない。しかも、短時間、低価格店(1000円カットの店)の台頭が個人理容店滅亡への序章になっているとか。
1000円カットの台頭
 個人経営の理容店(床屋、理髪店、散髪屋)が消滅するかもしれない。
床屋消滅


 理容師の平均年齢は60歳をこえていて、次の世代が40代。その下の世代はどんどん少なくなり、後継者不足になっている。確かに若い理容師さんが経営してるお店を最近ではほとんど見かけない。そうして理容店は19年連続で店舗数が減少しているという。

 このような状況に陥ってしまったのは、俗にいう「1000円カット」のお店の台頭。この形態のお店が増えたことが、個人経営の理容店を追いつめている。この手のお店はシャンプー、ブロー無しのひげ剃り無し、10分で終了。お客さんの方も料金が料金だけに、そこそこに仕上げられているから文句もない、という具合だった。
 しかし今では技術も向上してお客さんの満足度もアップ。40代男性の利用者が増えている。デフレや将来への不安などで、散髪にお金をかけられないというのも本音かもしれない。
20代は美容室を利用
 また、20代の男性は理容店ではなくて美容室の利用が多い。現在、全国の理容組合に加入していると料金は3500〜4000円程度だが、都内の美容室だとカット料金だけで2000〜5000円程度だろう。この料金が高いという人も多いが、若い世代ほど技術やお店の雰囲気など、総合的に判断して納得して払っているのだろう。
 これが35歳を越えたくらいから、女性に交じって美容室入るのは居心地が悪くなる。すると「1000円カット」のお店を選ぶ。こうして個人経営の理髪店からはお客さんが遠のいていく。

 今ではチェーン展開するお店じゃなくて個人経営でも、2000円台の料金で何人かの理容師を雇って商売している形態もあるが、技術が中途半端なためか、満足いく仕上がりにならないことが多い。たとえば熱い蒸しタオルじゃなくて、ヌルいタオルで顔を覆われた時の不快感は、何とも言えないうつろな気分になる。
 一昔前は、床屋でオヤジの話を聞き流しながらヒゲを剃ってもらうのが、大人の男の証という風潮があった。そのような文化も含めて、理容店は過去の遺物となってしまうのだろうか。
                 
        

髪質改善

2017/ 05/ 21
                 
iku17




これからの時期

ヘアスタイルがまとまらず、、

ひと苦労。。



 20.jpg


クセの状態は、

個人によって異なりますが。

湿度が高くなると、

うねりが酷くなり、

ボリュームが出すぎてしまう。。

毛先がまとまならい。。

とにかく、

思ったとおりのヘアスタイルにならない。。

こういった悩みが出てきます。。

そこで、

縮毛矯正(スーパーストレートパーマ)

というものがあるのですが。

縮毛矯正をかけた方は、

超まっすぐにはなるけれど、

ボリュームがまったくなく

ペタンコになってしまう。。

毛先までまっすぐ過ぎて、

毛流れの動きが出ない。。

髪質が、

まるで人形の

髪のような感じで“

しなやかさ”がない。。

など、

思いどおりに

いかないことが多いのでは。

そのような

デメリットを克服し、

縮毛矯正の

メリットを活かして、

思いどおりの

ヘアスタイルを提案します。


24.jpg

適度なボリューム感

毛先の自然な毛流れ

または、

程好いカール

ダメージを

修復しながら髪質改善して、

ツヤ髪・しなやかな髪に


4 COPY4



髪のメンテナンス

そして、

思いどおりのヘアスタイルに

サポートさせていただきますので、

お早めに、ご相談・ご予約を
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=7c125969f777c03a

03-3314-6621
                 
        

学びは楽しい

2017/ 03/ 07
                 
田舎者がドンキーホーテになる。


ドンキー


都立理容学校17回生

学校行事は夏休みの

海水浴(江の島)までは教室で学科授業です。

啓ちゃんは

眠気と,横を流れるどぶ川の臭いで悩んでいました。

居眠りが多く試験は追試でクリアです。

「啓ちゃんは江ノ島に行かないの?」

「店に出ないとね。」

都立には、啓ちゃんのように修行先から来ている人は居なかった

ので啓ちゃんの言っている事が理解出来なかったと思います。

「皆、楽しんで来てね。」

海水浴



運動会(向ヶ丘公園運動場)

啓ちゃんは、水を得た魚の様にいきいきです。

いろいろの競技種目の中で

二週間前から準備したものがあります。

それは各班が考えて、今日が発表の仮装大会です。

3.4班は江面君をチーフに(ドンキーホーテ)をやることに決まった。


「啓ちゃん,ドンキーホーテに成ってネ」

「江面君ドンキーホーテって何。?」

「これがドンキホーテこっちがサンチョパンサー

写真を見てイメージして」

ドンキホテー


????

サンチョ・パンサ 馬になる人、綱を引く人、

プラカードを持つ人、ニコラス親方になる人、それぞれが決まった、

問題は鎧兜、の制作、

寸法を測り段ボールを切ってそれに銀紙を貼る。

放課後にやると言う。

「啓ちゃんは寸法を取ったら帰っていいから。」

皆、啓ちゃんの境遇を理解してくれて、早く帰してくれた。

三、四班のスケジュールは実習室での授業が続いたので

打ち合わせも上手く出来た。

「ラーマンチャの騎手ドンキーホーテ、武者修行に出発す。」

江面君に教えられた、台詞である。

「胸を張って槍を出来るだけ、上げて大きい声で~」

長野の山猿が、段々にドンキーホーテに成って来た。

ドンキー

運動会


短時間の練習で組み体操もこなした。

5000m中距離競争は啓ちゃんが一等になった。

暫く走る事を忘れていた啓ちゃん一躍人気者になった運動会だった。

埼玉県理容美容学校の運動会に招待を受け学校代表で派遣された。

ここでも大活躍でした。

埼玉遠征

次の行事は修学旅行

「啓ちゃんは行かないの?」

「二日も店、離れるの出来ないよ~」

諏訪湖-松本城、南信州の旅、

長野縦断駅伝の時に二日目のスタート地点が松本城だったので行った事があるが

諏訪湖は知らない。

「皆、楽しかった様だ。」

諏訪湖


学校生活もすっかりなれて実習が本格になりかなり技術が身について来た様に感じた。

「啓ちゃん昼休みに靖国神社に行こうか?」

九段に来ているのだから一度言って見たいと思っていた。

長野を出る時に母ちゃんが買ってくれたぶかぶかコートを着て出かけた。

ロングオーバー

最後の校外実習になりました。

何時もの様に前日に実習予定が発表される。

「竹内は麹町警察、後で先生の所に来なさい。」

都立理容学校始めての警察での実習だそうで

技術はバリカンでの丸刈り、人数は一人。

午前中には終わる。

麹町は都電虎ノ門から直ぐだ。

学校から近いし定期もある。

[兄ちゃん」
。。。。。。。

「000-0000に連絡。」

。。。。。。。。

怖い。

学校に戻り先生に記憶した000-0000を知らせて

この日は六本木に帰った。

その後この件は、何事も起きなかった。

先生が対処したのだと思う、

卒業試験が始まり

嫌なことは啓ちゃんの頭から消えた。

17回生、AB組合同、特別講習

講師は
東京都理容学校特別講師

大久保新二先生

前の日に自宅に呼ばれて講習のしたくをしていたら

「明日は都立の学校に行く、カバンは竹内が持って行け。」

師匠が皆に講習、うれしくて鼻歌気分カバンを担いで玄関を出ようとしたら

「竹内、明日はアシスタントだぞ~!」

それを聞いて啓ちゃんは頭が真っ白になってその夜は眠れません、

失敗して皆に笑われたらどうしよう。

特別講習1

心配はご無用

先生の後ろで解説者の様な態度、大物です。

この写真は先生にも贈呈され

啓ちゃん先生に

「竹内の方が講師の様だ」

何とも返す言葉がありませんでした。

卒業記念

数々の思い出そして短期間で都会に溶け込んだ啓ちゃん

卒業を迎える事に成りました。

級友サイイン

卒業記念寄せ書きには、

時間に追われた一年でその大切さを痛感したので。

時間 竹内啓能 と記しました



この章終わり

                 
        

CUTイノベーション

2017/ 02/ 17
                 

[広告] VPS

ART・SCISSORS
GIAX・ARTシザーは:コバルト.モリブデン.バナジュウムの
超合金.最高の材質を使用。焼入:完全真空サブゼロ処理。
独得なデザイン.ハンドルと特殊センターネジ搭載で正.逆両用に
使えます。全工程国内の職人の製作です。



FRANKアカデミーでは.
アートカット講習会を開催しています。
(予約制)
シザーは受講者特別価格で販売します。

お問合せは下記にお願いします。
〒166-0003東京都杉並区高円寺南3-58-15
TEL&FAX 03-3314-2411
frank 
3-58-15 KOUENJIMINAMII SUGINAMIKU TOKYO JAPAN